不動産担保ローンにしたことで窮地を脱出して事業の継続が出来ました

返済の目途も立ち事業継続できているのは運が良かった

自分のように苦しみながら事業をしている中小の経営者はいくらでもいますから、そうした人たちが上手く事業を続けられる仕組みというものがもっとあってもいいのではないかという事も感じるのです。
確かに自分はこの不動産担保ローンを利用することで窮地を乗り切る事が出来て、ある程度の目安をつけるところまでは復活することが出来ましたが、そうならなかった事業者もいくらでもいます。
自分はある意味では運が良かったというようにも考えているところ。
というのは、同業者で廃業に至った人もいくらでも知っていますから、そうした人たちが資金繰りでどうしようもなくなった時に、悩んでいたことを知っているからです。
自分の場合はそれほどの才覚があったというわけでもありませんから、たまたま運が良くて大口の受注を頂くことが出来た事が大きいと感じています。
あの受注が無ければというように考えると恐ろしい事だとも考えられるので、やはり運が良かったとしか考えられないわけです。
ともあれ、この不動産担保ローンというのは自分からすれば、窮地を乗り切る策としては良かったと考えられます。
他にも策が無かったわけではありませんが、急場をしのぐという意味において、すぐに資金を融通してくれことは助かりました。

個人事業の資金繰りに不動産担保ローンを利用した / 他のローンを一本化するときは不動産担保ローンが便利 / 返済の目途も立ち事業継続できているのは運が良かった / 不動産担保ローンの利用で取引先の信用を落とさずに済んだ